アトリエ☆シャモジ☆へようこそ!

育児のこと、在宅ワークのこと、我が家にある色んな物のこと、しゃも次郎のリアルを綴ってます

FLL Jr. への参加準備〜参加資格と技術的なこと〜

FIRST LEGO League Jr.は

6から10歳の子どもが参加できる

LEGOの競技会。

元はアメリカの団体が主催しています。


9から16歳が参加できる

ロボット競技会の

FIRST LEGO League 

という大会の Jr.部門です。



ひとチーム2〜6人のチームで参加します。

地区大会から始まって

日本大会、世界大会まであり、

(これについては また後ほど)

それぞれで チーム登録料がかかります。

なので、チームの人数が多い方が 

登録料の負担が少なく済むのと、

諸々準備する費用がかかるので、

チーム人数は多い方がいいなと感じました。


今回、私たちは

通っているプログラミング教室での募集に

申し込む形で参加したのですが

個人的にチームを作り参加も可能です。

ただし、大会の詳細は英語での説明なので、

英語が理解できることが必須。




この大会、毎年お題がでます。

ちなみに2017〜18シーズンは

「水の冒険」

そのお題について チームのみんなで話し合い

チームのテーマを決めます。

そこからそれについて調べ

問題点や解決策を自分達なりに考えたら


それをレゴで表現。

お題に沿ったキットがあるので

それをベースに レゴを組み立てます。

モーターやセンサーを使い

部分的に動くようにして

自分達が伝えたい事を具体的に表現。

ここでプログラミングが出てくるんですね。

(モデル と言われるものの完成)


お題があるだけで

テーマは何に決めてもOK。

ゴールが決まっていて、

そこに向かっていくのではなくて

自分たちでゴールを決める。

そしてゴールの形も 何でもいい。

大人が思いつかないような

突拍子もないものでも構わないようです。


私たちは ある程度

ゴールの影を見ながら調べていくことには

慣れているけれど

何も無いところにどう向かっていけばいいのか

モヤモヤしながら見守りました。


毎レッスンの後、親だけで話し合い

子どもにどんなサポートをすべきか

どんなヒントを与えるべきか

たくさんの時間を費やしました。


どこまでサポートしたらいいのか、

も悩むところで

チームによって 加減が違うと思うのですが

我らは 子どもたちが世界を狙う‼️

という目標を掲げていたので

全力でサポートする事にしたんです。



準備したモノについては

次回の記事で。













FIRST LEGO League Jr.(FLL Jr.)とはなんぞや

随分とまた 間があいてしまいましたが💦

その間、私と我が家の少年は

FIRST LEGO League Jr.(FLL Jr.)という

LEGO競技会に取り組んでいました。


「STEM学習(科学・技術・工学・数学)を子どもたちに紹介することを目的に設立された」


という、我らにとってはボンヤリとしか

イメージできない分野ではありますが

せっかくプログラミングを学んでいるので

なにか目的を持って学んだ方が

よりよいのでは?と思って参加してみました😊



結果は、個人を特定できそうな結果

とだけお伝えするに止めるとして、

我らが参加するにあたり

色々検索しましたが 

分からないことだらけ💦だったため、

これから参加される方の参考にでもなれば

と ちょっと記事にしておこうと思います。


市がパブリックコメントを募集している。

随分とご無沙汰となってしまいました。

つい先日熱湯をかぶってしまい

足に大やけどをしてしまった

そそっかしい しゃも次郎です。

 

私が住んでいる市で

市が所有している駅前の芝生広場を

売却する動きがあります。

 

私は駅前の再開発で

マンションや新しい住宅がどんどん増えていく街の中に、

かなりの広さがあり、子どもやお年寄りが集まる

この広場がとても魅力的だと思って

この町に引っ越してきました。

そして、県内外のお友達が遊びに来て

駅から出た時、必ずと言っていいほど

うらやましいと言われるのを

嬉しく思っています。

 

 

だから売却されたのち、どうなってしまうのか

かなり関心を持っています。

 

 

駅前の一等地が 原っぱのままでは

市の財政面でも問題があろう、

近隣以外の方にとって何のメリットもない

と思われるであろう、

と想像ができるので

何が何でも原っぱのままが良くて

売却断固反対!!とは言いません。

 

今回、市がパブリックコメントを募集し始めて

【 稲沢市|「市有地B街区活用に関する基本方針(案)」パブリックコメント募集 】

コメントを寄せる機会をもらったので

思っていることを伝えてみようと思ったのですが…

 

このパブリックコメントを募集するまでに

いつの間に始まったのか

何度も審議会が行われており、

 

(近隣住人の代表は入っておらず)

↑↑↑ほかの件でもこうだった!何で当事者の代表を

入れてくれないんだろう?

 

ある程度方針が決まっている状態で、

「郵送、ファックス、電子メールまたは直接持参のいずれかの方法で提出」

とあるので 寄せられた意見は非公開。

特設サイトを作るとかしてみんなの意見を見られれば

それイイね!じゃあこうすればもっと良くない?

とかでより良い案が集まりそうだし

何より住人の意見を大切にしてくれる街のイメージも付くし

市にとってもいいと思うんだけどなぁ。

土台できてからいい意見が出ても

修正できないだろうし また議論するのって

二度手間じゃない?意見受け入れる気ないの?

 

我らが何かを言って何か変わるんだろうか?

「市民の意見聞きました」という事実の為だけに

行われるんじゃないか?という気持ちになりました。

 

売却反対の署名活動が始まってるみたいだけど

まるっきり反対というわけではないので

自分の意見をまとめるために

リンクにある資料を読み、

議事録も全部読んでみました。

とにかく時間がかかる!!

 

もっと簡潔に分かりやすい資料はないのか?

難しくて堅苦しい言葉を並べて

資料の量が多いことが良いとされているのか。

これを面倒と思うような奴は意見してくるな!

と言いたいのか。

 

最低限自分の住む町の事だから

情報収集は必要だけど

これだけ読み込んで、議会の傍聴にも行って

かなり時間かかって労力使っても

我ら住人の気持ちは

届きそうにない予感。

 

 

ある程度の約束事を作って売却しても

そこがうまくいかず転売という事になったら

何でもアリになってしまうだろうなぁ。

 

憩いの場としての機能を

損なわない感じで

残してほしいな…

 

 

 

 

 

 

ひつまぶし記事が公開になりました

昨日 ゲームセンターにて

200円でうまい棒40本以上手に入れた

しゃも次郎です。

 

うまい棒パーリーできちゃう!!

ニヤニヤが止まりません。

 

 

さて、旅行記事を書いている

トリップノート[tripnote]|みんなでつくる旅行マガジン&ガイドブック

で、ひつまぶしの記事が公開されました。

 

 

名古屋でひつまぶしを食べる際には

参考にしてみてください!

 

 

 

tripnote.jp

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

子どもに効果的な声かけが見つかったようだ‼︎

なかなか嫌なものに取り組めない

小3男児の息子。


公文の宿題やるにも 数時間。

その間、関係ないものに目がいったり

喉が渇いたといっては席を立ったり

忘れたふりして1枚飛ばしたりする。


取り組んでるスポーツも

やらされてる感満載で

向上心ナシの様子。


そんな感じで

やりたくないものはやりたくない‼️と

非常にはっきりしている性格。


褒めてもダメ、諭してもダメ

ご褒美作戦もダメ、何か取り上げるもダメ


なかなか手強い少年なのですが。


ついに覚醒の兆しが‼️‼️



この数日、

何時までにコレを終わらせよう。

さっさとやる事やっちゃおう。


と言うようになりました\\\٩( 'ω' )و ///



数日前にかけた言葉はこの通り

〇〇くんは これから先の未来のために

一生懸命お勉強とかしてるよね?

未来のために今の時間を使ってるんだよね?

振り返ってみると

宿題やるのヤダなぁって

ウダウダしてる時間も含めて

未来のためにすごく時間使ってるよね。


でも、今の時間は今を楽しむためにも

使いたいじゃん?


どちらも必要なものだから

今を楽しむ時間を作らなきゃダメよね。


時間は限られているから

ウダウダ、ダラダラしている嫌な時間を短くして

 今を楽しむ為に使ったらどうかな?




と、大まかに こんな感じで声をかけたら

‼️‼️‼️

なるほど!と納得がいったようで。


それからちょっと様子が変わりました。



自分の中で納得いけば

ちゃんとやる子だと分かっていたけど

なかなか伝わるような声かけが

見つかっていなかったんだけれど。


そして、いつまでも 納得いくまで

声かけてくれる人が側にいるとも限らないし

自分で気づかせたい気持ちもあったから

かなり悩んでいたけど


何気ない会話の中で

ちゃんと納得できたみたい。




そりゃあ私もサボり倒してきたタイプだし

性格そっくりだから

君の気持ちはよく分かるんだ‼︎

私が昔、気づけなかったことに

気づいてくれて すごく嬉しいよ✨






我が家にて物を減らそうキャンペーン開催中

最近こんな記事ばかりですが

衣替えにそろそろ取り掛かろうかと思います。

 

母に買ってもらったものとか

なかなか処分できなくて

全然着ない服とかがあふれかえっています。

 

いい加減考え方を変えなければ

我が家が物置化してしまう…

 

という事で

 

せっかくならゴミにしてしまうのではなくて

古着として どこかで誰かが着てくれるといいな

 

と、着物に続き

お洋服の買取をお願いしてみようと思います。

 

懲りないね

って結果になるかもしれないけど

ネットでいろいろ調べた結果

対応が早くて

ルールが分かりやすいという

下記のサイトから

お願いしてみます。

 

現在ダウンが入っているアイテムが

1つでもあれば査定合計から

20%アップのキャンペーン中ですって!!

着物買取査定その後

その後と言っても

複数査定してもらい

比較してみようと言って

まだ1日。

 

 

着物について

知らなさすぎたな…

 

 

100万円以上で仕立ててもらった

総絞りの振袖。。

 

 

買取価格1~2万円ですって!!

 

 

ビックリされるかもしれないんですけど・・・

って前置きされ 価格を聞いて

ビックリを通り越して、唖然でした。

 

需要があまりなかろうと思っていたけど

ここまでとは。

 

買取価格がアップするポイントとして

・高い身長に合わせて仕立ててあること。

・呉服店で購入したものであること

・襦袢も揃ってること

・ほとんど着ていないこと

 

 

逆に 小さく作られている着物は

あまり値がつかないんだとか。

 

とネットで見て

全部当てはまるぞ!!いぇーい!!

なんて思っていたのになぁ。

柄も素敵で、仕立てもよく

ぜひ欲しいと言ってもらえたけど、

 

置いておいて価値が上がるものじゃないよ

 

とも言われたけど

 

手放さないことにしました。

 

 

すごくすごく葛藤して

売るかどうしようか悩んだけど

これはもう悩まなくてもいい

潔く決断できる金額。

 

また桐の箱に入れて

しまっておきます。